★独学、61歳受験生が行政書士試験に合格する法① 模試受けず過去問徹底

61歳受験生c
Ads by Google




Pocket

 

昨年11月13日(日)、静岡大学で平成23年度行政書士試験を受けた。3時間の奮闘、頭を絞り切っての感想を言えば、「難しかったー!」。会場からの帰途、車を運転しながら、くらーい気分になった。
『今年だめなら、もう(受験するのを)やめるかな…』

 

【試験を振り返って】

絶望的な気分になった理由は、どれだけ時間をかけて勉強しても、今年の試験の傾向が続くなら、点数はなかなか上がらないのではないかと思えたからだ。

 

そのことは、なんとなく以前から分かっていた。
過去問をやれば、難なく解ける。
過去問に近い形の出題なら、80%正解の自信がある。しかし、最近はそんな“当たり前の形の問題”はあまり出ない。テキストや条文を読んでいれば解ける、という問題が少ないのだ。

 

終盤の2ヶ月、僕は徹底的に問題集(模試タイプ)をやった。問題が難しいと正答率60%を切ることがある。やさしい問題だと90%取れるときもあった。つまり、難しく作られれば歯が立たず、過去問に近い形式なら8割、9割に届く。平均すれば何とか70%に届くかどうかというのが今の僕の実力である。
(以上、すべて記述問題を除く)

 

この2年間、一所懸命勉強してきたからそれなりの力はある。その受験生が合格できるか否か、それは、一に掛かって試験委員のサジ加減にかかっている。合格率を下げたければ問題を難しくし、上げたければ甘くする。試験委員の方針により、受験生は翻弄される。そして最近の傾向を見る限り、受験生が手に負える問題は少なくなっている。

 

【「満遍なく取る」が僕の戦略】

こうした中で、僕なりにつかんだ戦略がある。
それは『法令問題で大量点を取ろうとは思うな』ということである。▼5肢択一式、憲法・基礎法学を60%、メインとなる行政法も60%、膨大な勉強を必要とする民法も60%、会社法も捨てずに60%。▼多肢選択式(穴埋め問題)の3問、そして▼5肢択一の一般知識も同様だ。
さらに▼記述式も60%獲得を目指す。

 

言っている意味がお分かりだろうか。
どの科目も満遍なく取る、そうでなければ活路はない、ということだ。これは娘が前前回、合格した時と対極をなす戦略である。長女は4ヶ月間の勉強で行政書士試験に合格した。今振り返れば、奇跡のような僥倖だったと思う(彼女には失礼だが)。
しかし僕は娘の“成功”により、錯覚した。
「法令問題で大量点が取れる」と勘違いしたのだ。

 

わずか4ヶ月の勉強では、記述式まで到底手が回らない。
そこで彼女は択一式を徹底して勉強した。
それでも知識としては不十分だったと思うが、天才的な筋読みのよさを発揮して、なんと択一式・多肢選択式の法令・一般知識で176点を叩き出した(正答率73.3%)。合格まであと4点。

 

自己採点して「あと4点」と分かったとき、娘は浮かぬ顔をした。よほど記述式に自信がなかったのだろう。
「書いてはきたけど………」
それでも何とか8点を獲得(満点は60点)して滑り込んだ。

 

記述式を捨て択一式に賭ける娘の戦略は、結果的には功を奏した。
それで僕は大いに影響を受けた。
「法令で最低でも70%」これをノルマにしようと考えたのだから。

 

しかし、本試験を前にした2ヶ月間、徹底的に問題集をこなす中で勘違いに気がついた。もともと「60%を取れば合格」の試験である。試験委員は間違いなく、“落とすための問題”を出してくる。
「一般知識」はいくらでも難問・奇問の作出が可能だ。
「民法」もプロの手に掛かれば、歯が立たない問題はいくらでも作れる。つまり、大量点を取らせないよう問題を精選してくるに違いないのだ。娘が法令で高い点を取れたのは、稀有な例外と見たほうがいい。

 

だとすれば、結論は一つ。
とにかくくらいついて、択一式で大きな穴を作らない。そして、記述式でも確実に60%を取る(「択一式で貯金」戦略は取らない)。

 

実際の試験は、冒頭に感想を述べたように満遍なく骨があった。
どこを切っても息を抜ける問題は少なく、悪戦苦闘した。
幸運なことに記述式は3問とも「歯が立たない」と言うほどではなく、暗い気持ちになりながらも、そこに一縷の望みを託すことができた。

 

【昨年よりは実力は上がったか】

前回22年度試験は、実を言うと「やられた」感はそれほどなかった。
「難しかった」と思ったが、惨敗ではないとも思っていた。
しかし、結果は「実力不足」が如実だった。

 

5肢択一の法令 22/40問 
多肢選択 3/12問 
5肢択一の一般知識 8/14問 
そして記述式は 28/60点
どれも6割に届いていない。

 

今年はさらに「難しいな」という感が強かった。
帰宅して妻には予防線を張って、「全然だめだった。今年も(合格は)難しいかも。これでだめなら、もう受けるのやめるよ」と超弱気な発言。

 

しかし結果は気になる。
前回は自己採点が恐ろしくて、娘に採点させた。
今年は覚悟を決め、自分で受験予備校の「速報」を見た。

 

5肢択一の法令 27/40問 
多肢選択 8/12問 
5肢択一の一般知識 9/14問 
ほとんどうちのめされるように帰ってきたが、案外取れている!!
5肢択一の法令108点、一般知識36点、多肢選択16点、で計160点。
合格点まであと20点、ぴったり3分の2の問題を正解したことになる。
が然いける気がしてきた。

 

記述式は自己採点が難しいが、3問中2問についてはキーワードを外していない。
あと1問も部分点は確実に取れそうな感じがしていた。
『60点中20点は取れる』と思いつつ、発表までやはりヤキモキした。
(結果的に、記述式は38/60点だった。今年度の試験の難易度は、僕の個人的な感想とは裏腹に、受験予備校の講評は「昨年よりやや易しくなった」と言う)

 

すべての項目で昨年より点数がアップしている。
試験結果の発表後、ほどなくして詳細の点数が送られてきて記述式が前年度比10点増であったことを確認した。
2年目、やはり力は着実に付いていたようだ。

 

【1年目、つかれたように勉強】

1年目
平日4時間、土日祭日10時間。月平均170時間。
2年目
平日3時間、土日祭日6~8時間。月平均130時間
正直に言って、2年目は1年目ほど馬力が続かなかった。

 

今回は、勤務が変わったことが大きかった。
38年間勤めた新聞社の仕事から放送局の職場に一転。
右も左も分からず、機械の知識もゼロ。
人も知らず、おまけに仕事は管理の仕事から現場(一線)の仕事に。人手が足りなくなった職場で、これはもう物理的に忙しかった。
帰宅するとグッタリした。
『ここで無理すると壊れちゃうぞ』と、自分でペースを落とした。

 

2年目はそんな調子だったが、1年目は異常なほど張り切っていた。
しかし、一家の大黒柱は意外に時間を取られる。
妻の運転手、母の介護、家(稽古場)の建て替え・引越し、家族の問題……。
この点、若い受験生とは全く条件が違う。
「勉強=無条件に歓迎」、というほど甘くはないのだ。
削ったのは睡眠時間と、読書とテレビ。

 

真っ先に削ったのはテレビである。
毎夜漫然と観ていたのを、1週間1番組(1時間のみ)に絞った。読書も法律関係の本(テキストと六法全書)以外は読まないと決めた。
ゴルフも完全に封印した。

>2ページに続く↓↓↓

Pocket

Ads by Google




ABOUTこの記事をかいた人

遺言、相続対策と家族信託の専門家です。特に最近は家族や事業を守るための民事信託への関心を強めています。遺言書や成年後見といった「民法」の法律体系の下では解決できない事案を、信託を使えば答えを導き出すことができるからです。 40年間、ジャーナリストでした。去る人、承継する人の想いがよりよくかみ合うようにお手伝いしていきます。