★人間性が絡む「相続」こそが私の天職 !!! ”長い下り坂”を伴に走る者のプロフィール

長い下り坂伴走者のプロフ
Ads by Google




Pocket

 

晩稲(おくて)です。
今は「人間くさい相続こそが私の天職」と思っています。

 

行政書士
ジャーナリスト
ミーツ出版(株)代表取締役
と、3つの肩書を書きましたが、 どれも60歳を過ぎてから得たものです。
前半生は「新聞」一筋。静岡新聞社の編集局長、出版局長を経て・・・・と書けば順風満帆だったように見えます。
が転機は来ます。
56歳の時に挫折、組織の人としての追い風は逆風に変わりました。

 

■娘にそそのかされてこの仕事に

後半生は苦労の連続。
とはいえ、おもしろくて仕方がない日々です。
私が59歳の時に娘が突然、行政書士の試験を受けると猛勉強を始めました。
あきっぽい子だから『続くまい』と思っていたのに、会社に勤めつつ集中力を切らさない。
そんな娘がある日、言った。
「お父さんもやりなよ」

 

その言葉にうかうか乗ったのが私のツキです。
それまでは家に帰れば所在なく、テレビ三昧。
家内には「趣味でもいいから、何かやったら?」と言われ続けても「・・・・・」。
会社での挫折は、口には出さなくても心にズシンと響いてはいたんですね。
行政書士なんて、と娘の挑戦を半ばからかうように見ていたのが、自分でやってみてがく然としました。
歯が立たない。国家資格を甘く見ていた。
根拠のない自信がグラッとしました。
しかしだからこそ、やる気が出たとも言えますね。

 

結果から言うと、4カ月で試験に臨んだ娘は恐るべき勘の良さを発揮して、一発合格。
私はと言えば10カ月の苦闘むなしく不合格。惜敗よりは惨敗に近いありさまでした。
折しも職場は37年間所属した新聞社から離れ、お隣の放送局に移籍。定年→楽な職場に天下り、なんてことではありません。一兵卒としてゼロから覚え直しとなりました。
背水の陣。まさに、それ。
職場がイヤなわけではないですよ。
でも『俺が長く(この仕事を)やっても、この人たちより創造的な仕事はできないだろうな』と、感じていました。

 

それで“2年目受験生”は本気になりました。
その年の3月、東北の津波・大震災。騒然とする中、業務をこなし夜は勉強。
なんとか合格にたどり着きました。

 

退職した年、62歳で出版社の社長と行政書士の二足のワラジを履きました。
猛烈に忙しい。いや、仕事ではなく、(将来の)お客さまたちに名前を知ってもらうために始めたブログの執筆や、当時はやりのFacebookにものめりこみ、本を書くつもりで取材にも飛び回ったその結果です。
1円にもならないことでした。
でもそれが馬力の元でもありました。

 

■プロは”専門バカ”にはまる

この間に覚えたこと。
講演やプレゼンのためにまずはPowerPoint。写真処理のPhotoShopもかじり、最後は本をつくるためにIndesignという難解な編集ソフトにも食らいつきました。新聞社在職中にはいずれも挫折したソフトたちです。自営となった今、節約のため自分で覚えると決めたわけですが(いえ、もちろん手間暇を考えればほめられた話ではないんですよ。社長の仕事はもっとほかにあるはずですから)。

 

さらにオリジナルのブログを作りたかったんです。
そのためにWordpressまで覚え、決算期になると「会計ソフト」を買い込み株式会社の決算処理をなんとか乗り切りました。

 

行政書士石川秀樹

こんにちは、石川秀樹です

 

どれも、基礎的な知識がないため一通りできるようになるだけでも大苦労です。もちろん参考書は読みます。インターネットをどれほど検索したことでしょう。
そんなときに思ったのが、「専門家はなんと言葉が足りないのだろう」ということでした。
根本原因は自分の知識が足りないことですが、調べる側としては「かゆい所にぜんぜん手が届いていない説明」にイライラし通しです。

 

専門家は、素人が「何をわかっていないのか」がまるで想像できていないということがよくわかりました。
私のような素人は、つまらない所につまづいているのに、(ささいな常識さえ欠けているんです)そんな所につまづき得るんだということに気づいていない。だから平気で説明が飛んでいます。その先にはもう読み進めません。

 

これはどんな分野でもそう。
ネットのことでも会計のことでも、そして私の専門分野である遺言や相続の分野でも!
専門家は“前提としての知識を持っていないド素人”の思考回路について、想像すらできません。

 

■人間を知らないとミスリードする

このことを痛いほど感じたとき、私は同時に『これはチャンスだ!』と思いました。
デザインやネット関係の専門家にはなれません。会計も無理でしょう。
しかし遺言相続は「自分の分野だ」と直感しました。
相続は人の思いをつないでこそ意味があるわけですが、同時に「技術」がなければ継承は困難になります。

 

技術のことなら知識を増やせばいいのです。経験を積めばいい。
後は創造力、発想の力です。
よい相続とはなんだと思いますか?
よいお葬式を出せた、人が大勢来てくれた、相続税対策もうまくやった、大幅に節税できた・・・・ただそれだけですか?

 

確かにいまどき「それだけ」でも大した上出来ということかもしれません。
<争族・争続>などという当て字が一般語になっている時代ですから。
でもほんとうは、それだけではないですよね。
相続で何より大切なのは「相(おもい)」を渡してくれる人の思いをしっかり引き受ける「続(つづける・つなぐ)」ことではないでしょうか。

 

相続税を何千万円も節約できたとしても、そんな僥倖(ぎょうこう)は先代ほどの緻密な計算や人間理解ができていなければ、ただ1度の失敗で消し飛んでしまいます。

 

相続は一部資産家だけの話ではありません。
引き継ぐ財産の目ぼしいものといえば「わが家」だけという家庭が大多数です。
分ける財産は1つ、でも、受け継ぎたい人は複数。
もめませんか? 
当然もめます。
分ける財産が少ない“普通のお宅”こそが家族で争う”争族”になりやすいということ、最近は分かっていただける人も増えてきました。

 

普通のお宅を相続でもめさせない方法、きわめて困難な課題ですがいくつか方法がないわけではありません。
▽遺言を書く、▽生命保険を活用する、▽家族信託を行う、▽家を売ってしまう、▽その他のバリエーション等々ですが、そのいずれも先代の思いを理解していなければうまくいきません。
専門家の力添えが必要です。分ける技術という点でも、思いを理解させる面からも。

 

だから手前味噌ですが「私の出番だ」と思っているのです。
この仕事、人間のことを知らないととんでもないミスリードをしかねません。
目先の節税効果だけに心を奪われて、現金を不動産に換えることを勧めてしまったり(不動産は確かに課税価額は低くなりますが)、老後のリスクを計算に入れずに高額の保険をすすめたり。

 

■高齢期のワンストップサービスを

こういうミスリードは「相続税対策」に限りません。
私ははじめ、自分の「専門分野」としては「遺言」と「相続」しか考えませんでした。
今は「終活」を入れ「終活と遺言相続」と言っています。

 

終活、エンディングとは、ようするに「人生後半の長い下り坂」のことです。この坂には「まさかの坂=急坂」もありますし、ぼけて判断能力、意思能力を失う危険もあります。身体能力が衰えれば介護が必要になるし、重い病気にかかるかもしれません。それなのに今の日本は「ひとり」になる可能性が非常に高い社会になっています。2人に1人が最後はひとりになる、たいへんな時代になっているんです。

 

でも皆さん、この長いゆるやかな下り坂のリスクを甘く見ています。
というより、自分のこととしては考えたくない、だから思考停止状態なのだというべきでしょう。

 

「相続」まで行きつく前に、私はこの長い下り坂の期間を乗り切る必要を感じています。
もちろん専門家、プロたちはそれぞれの分野にいます。介護でも、医療でも、その現場では非常な努力をしているし、士業の者たち、私のような行政書士も税理士も弁護士も司法書士も、各分野では一所懸命に高齢の人たちを支えています。

 

しかし横の連携がないものだから、それぞれの努力が分断されて連携が取れていないのです。お客さまである高齢の人たちも「誰に相談していいかわからない」という状態にあります。その役割は「行政」が負うべきですか? 違います。行政の方たちの努力は認めつつも、高齢期のワンストップサービス(ここに行けばすべてのサービスが受けられる)の拠点にはなっていないし、その志も欠けています。

 

■自分を知る「カルテ」から始めよう

私は長々と書いてきたように、駆け出しです。
しかし私にはすべての分野をつなぐ力があります。
何より、普通の人が考えることが分かります。
分からなければ聞き出します。取材力です。
何をほんとうに求めているのかを知る想像力と、心に届く言葉をもっています。
それが今の私の“技術”です。

 

老後を生きて行くには緻密な計算と計画、そして財産を活かしきる技術が必要です。
しかしそのためには、ご自分の現状を知ることが何よりも必要です。

 

サバイバルカルテ

まず自分の”今”を知っておくためのサバイバルカルテ

 

あなたは何を望んでいるのでしょう?
判断能力や意思能力が衰えて来たらどうしますか? 
誰の支えがほしいのでしょう、支え手はいますか? 
頼りになる人、当てになる人はいますか? 
介護が必要になったら誰に、どこでケアをお願いしたいのですか? 
経済的な裏付けはありますか? 
家族関係はうまくいっていますか? 
大きな病気にかかったらどんな治療を望みますか? 
入院や手術の時に求められる保証人や身元引受人はいますか? 
死期が迫った時、延命を望みますか?
どんな最期が理想だと思っていますか? 
それは本気ですか?
そして、すべての基盤となるあなたの財産はどのようなものがありますか?

 

先日、こんなことを書いてもらうノートを作成しました。
A4で50ページにもなりました。
エンディングノートではありません。
最後まで生き抜くための診断書のようなものです。
だから「サバイバル・カルテ」と名付けました。

 

私のお客さまにはこれをつけてもらいます。
すべてを書ききれる人はほとんどいません。
私とマンツーマンで作業を進め、私も同じものを1冊、持つようにします。
現状認識をして計画を立て、そして実行です。

 

もちろん私とお客様だけでできる仕事ばかりではありません。
静岡県遺言書協会と提携して人の終末期に伴うあらゆる業務にワンストップで対応できるようにしています。
事業承継や相続対策については「相続専用保険」の活用を強くすすめていますが、その場合は専門ブレーンの力もお借りしてベストな提案を目指しています。

 

ベター「よりよい」ではなく、ベストです。
だから単に節税対策だけではありません。
遺す人、遺される人の思いが通じ合わなければ“対策”の意味がありませんから。

 

◆石川秀樹の略歴

1950年静岡市生まれ。
1973年3月 早稲田大学第一政経学部卒業
1973年4月 静岡新聞社に入社
編集者、新聞記者、デスクをへて編集局整理本部長、編集局長(2004.3~2006.8)、出版局長などを歴任。

2012年2月 静岡新聞社を退社
2012年3月 ミーツ出版株式会社設立
2012年8月 行政書士を静岡市で開業
2013年12月 電子書籍のポータルサイト「電本館」を新設
同月 電子書籍3部作『秀樹さんが教えるFacebookの教科書』を出版
2014年5月 自筆遺言書普及の「静岡県遺言書協会」設立に参画、現在は理事

電話予約280 メールで予約280px

 

■■ 終活と遺言相続.net ■■

 

Pocket

Ads by Google