★「老後の不安」を放置させる正常性バイアス。相続対策より家族との絆を深める方が先です!

正常性バイアス
Ads by Google




Pocket

 

人間には「自分は大丈夫」と思い込む正常性バイアスが働くので、身に危険が迫っていても逃げ出しません。これは「相続対策」にも言えて、老後の不安に手を打つことなくいきなり「相続の心配」などをしがちです。これ、順序が逆ですっ!! まず「自分の安心」を確保しましょう。

 

まことに言いにくいことながら・・・・・・
《歳をとってこうなったら困るな、嫌だな》ということは必ず起きます。
でもあなたは「対策」を取らない。なぜか。私の身に不幸なことは起きない、と無意識に自分自身を説得してしまうからです。
これが”正常性バイアス”。まことに困った「偏(かたよ)り」と云うしかありません。

 

■「なったら困る」は必ず起きる

ウィキペディアはこう説明します。

自然災害や火事(山火事、放火など)、事故・事件(テロリズム等の犯罪、ほか)など何らかの被害が予想される状況下にあっても、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、「自分は大丈夫」「今回は大丈夫」「まだ大丈夫」などと過小評価してしまいます。これは人の心の特性ですが、結果、逃げ遅れの原因になります。「正常化の偏見」、「恒常性バイアス」とも言います。

 

思い当たりませんか、こういうこと?
でも、こと「老後への備え」で言えば、ふと浮かんだ不安、冗談で口にしていたことは、実際に起きてしまうことが多いです。
直観は当たっている。私自身が体験しました────
と、ここでわが家の特殊な体験を持ち出して
(両親とも90歳、2人とも原因は異なりますが現在、鼻からチューブの栄養法で寝たきりの状態です)
「ほらね、だから対策しなくちゃダメなんですよ」と言っても、説得力はなさそうですね。

 

あくまで”特殊な”事情ですから、「それが何か?」とスルーされるのが落ち。
人はそれが正常性バイアスだとは認めません。
わが身に起きて困ることは「自分には起きない」「他人ごと」にして先延ばししないと、生きていくのが難しくなるからです。

 

言っても無理なことをなぜことさらに騒ぎ立てるのかというと、
この不安を直視して、「よーし、これはなんとかしよう」と本気で立ち向かってもらわないと、ほんとうの相続対策にはならないからです。
「相続対策」で皆さんが思い浮かべること、いくつかあると思います。

 

■「ひとりになる」に対策しておきましょう

なんといっても、

  1. 私の相続で家族がもめないでほしい
  2. 家族にできるだけ多く遺し、できるだけ税金を免れたい
  3. 生前贈与で(私が)元気なうちに、子や孫を助けてあげたい
  4. 財産は現金化しにくいものばかりなので、なんとか納税資金をひねり出さなければならない
  5. 事業承継で会社を危うくしたくない、この難所をうまく切り抜けたい

こういったことはご安心ください、お金に絡む対策ならなんでも、できないことはありません。

 

でも「相続対策の専門家」にできることは、お金に関する問題だけ、と言っておきます。
お金の専門家が口にしないことがあります。
例えば以下のような「ひとりになるかもしれない」という不安について─────

 

  • 今は夫婦で暮らしている、でも私がひとりになっても子らは同居してくれそうもない。
  • 私がひとりになったら誰が面倒をみてくれるのだろう? 私も家からは離れたくない。
  • ひとりになったら施設にと思っているが、子どもたちはまったく無関心だ。
  • 今は体が動いているけれど、介護される状態になったらどうしよう。
  • 認知症になるかもしれない。お金の勘定ができなくなったら・・・・?
  • 入院や手術では保証人と身元引受人が必要。家族はいるがみな遠くにいるので不安でしかたない。
  • 妻は認知症だ。私が死んだら家を売ってそのお金で施設に入れたいが、私の代わりにやってくれる人がいない。
  • 私に身寄りはなくずっとひとり。財産が残ったらどうなるのか、考える気もしない。
  • そもそも独り暮らしの私が死んだとき、誰が気づいてくれるのだろうか。

 

こういった問題は「相続対策」というより「終活」と言うべきかもしれません。
家族がいても不安、いなければもっと不安といった問題です。
こんなに重大なことが、「相続対策」の現場ではスッポリと抜け落ちていることが多いんです。
何の不安もないかのように、相談する人も、される人もお金の話ばかりです。

 

■「青い線」平坦ではありません

これって多分、正常性バイアスが働いているんでしょう。
<明日のあなた>は安全でも安心でもないのに、家族の未来をどう助けようか、なんて話をしてるんですから。
下のイラストを見てください。(別のテーマのために作ったんですが)

老後とは何か1

 

このイラストは「老後」ということを説明するためにつくりました。
老後を意識するのはふつう、定年してからでしょうか。
収入的に言えばここで第1のガケ(収入がガクンと減ります)。
65歳で完全リタイヤ、収入もさらに減り第2のガケ。
両親が亡くなると多くのご夫婦は”ふたりだけ”の生活に。
やがて配偶者が亡くなって寂しさが募るのと同時に、収入も第3のガケに当たります。

 

まあ、こういった雑駁な説明ですが、問題なのは「相続対策」をどこで考えるかです。
早い人は第1期から考えるでしょう。
男女とも2期目がピークで、3期目となるとちょっと遅いですが、間際にならないと考えないのが人の常と言えるかもしれません。
では「相続対策」とはどこの話でしょうか。
言うまでもなくあなたが亡くなった後の話!
青い線(人生行路)はヨコ一直線、水平に引かれていますが、本当は平坦でないこと、お分かりですよね。

 

「収入」で3つのガケを説明していますが、肉体・精神のガケは年を追うごとに厳しくなっていくはずです。
終活でよく使う「エンディングノート」はそれを予測しているはずですが・・・・・
私の見たところ、通り一遍の”不出来なもの”が大半です。

 

■真剣に老いの下り坂を迎える!

(もし実際にエンディングノートを書いた方がいらっしゃったら、怒らずに聞いてください)
私が手にしたノートはどれも”人生のおしまい”のイメージが貧弱でした。
人がどのように人生の幕を閉じるのか、どんなシーンがあって、その時どんな選択肢があるのか、リアルに想像できていないのです。
その最たるものが「延命拒否」の扱い。

 

医療の現場では、ということは私たちが病気や事故や長寿などによって「死に接近する場面」のことですが、がんの末期だけが終末期ではありません。
そんな貧困な想像力で「延命拒否」の項目に「✔」を入れたら、命がいくつあっても足りはしません。
終活もただの流行で、エンディングノートもただの気まぐれでは意味がありません・・・・・。

 

話がそれてますね、元に戻しましょう。
老後」をどう迎えるかです。
老後は長い下り坂、それも数多く落とし穴があるどんでん返し付きの坂道だ、と断言します!
1期から3期までずっと健康で、最後は老衰で大往生なんて運の強い人は極めてまれな存在。
がん・心臓病・脳卒中、認知症、心身の衰え・・・・落とし穴を数え上げたらきりがありません。

 

でも正常性バイアスです。
「私の身には起きない」と思ってしまうのが人間で、だから心配性の私はつい先回りしてしまうんです。
心配の最たるものが、「ご家族の絆(きずな)は大丈夫ですか?」ということ。
家族のために生前贈与まで考えているあなたのご家庭は、申し分ないのでしょう。
でもあなたは、「家族に迷惑を掛けたくない」と思っているのではありませんか?

 

■「迷惑かけない」発想、捨てましょう

その発想、やめてください!
老後」は必ず人に迷惑を掛けます。
ここを否定したら、何もできません。
財産をあげるから、ということではなしに、せっかく「相続対策」をするのだから、それを家族の絆をさらに強める機会にしてほしいのです。

 

先ほど、「(相続対策で)お金のことなら解決できる」と断言しました。
誰にも文句を言わせず「相続」を思った通りに終わらせることはできます。
でも感情の面で、みなが納得できたかどうかとは別問題のはず。
みなに平等に財産を分けることはほぼ不可能でしょ?
必ず偏りは出ます。出た方がいいのだとも言えます。みなが平等にあなたと接してきたわけではないですから。
もっと言えば、「相続対策」は平等にならないことを前提に、それでも誰も傷つけないことを目標に行います。

 

その場合に、みなに納得してもらえるかどうかは「心の問題」です。
ここはテクニックというより、あなたと相手との心の距離ではないでしょうか。
対策をすべて秘密裏に行うことはおすすめしません。
あなたの意思(想い)をはっきり口に出すこと。
そして相手の「想い」にもよく耳を傾けることです。

 

■心のトゲは抜き取ってください

私が「相続対策」の相談をお受けするとき、真っ先に聞くのは財産の状況ではありません。
家族構成を聞き、時間を掛けて家族一人ひとりの状況をお聞きします。
それから何をどうしたいのか伺うわけですが、意思が明確な人はあまりいません。
なので財産の振り分け以前の、ご家族との話を聴くことが多くなります。

 

意思が明確過ぎる場合もときにはあります。
「あの子には1円もやりたくない」みたいな・・・・・。
そんな時には、理由を伺います。
「そうですか。それはそうした方がいいでしょう」と即答できることはまずありません。
感情のねじれは、一方的にどちらが悪いと言えないことが多いから、うかつに同調できないのです。

 

相続を最終的にどうするか、ねじれたまま進めることはできません。
(やってできなくはないが、そんなお手伝い、したくないんです)
心にトゲが引っ掛かったまま「もう、おしまい」はないでしょう。
誇り高い人は弱みを見せたがりませんが、「老後」は別物と考えてください。
別の人生です。自分ではどうしようもない”下り”なんですから。
「負け」でもなんでもない、心を開いていくひとつの過程に過ぎません。

 

■”しかるべき人”に託すのが相続です

老後の対策と言うと、平均寿命まで生きるのにいくらいくら必要だ、なんてことをよく耳にしますが、私が言いたいのはそんなことではありません。
せっかくご家族がいるなら、その絆をより強いものにしましょう、ということです。
(おひとりの場合は別の対策を考えます)

 

正常性バイアスを信じてはダメです。
起きる可能性があることは、特にあなたがふと感じた不安や懸念、心配事は、今後、不都合な時期に限って起きてきます。
頼りになるのはやはり「家族」です。

 

家族関係も、意識を持って、しっかりメンテナンスをしておかないと(おかしな表現ですが)劣化していきます。
絆が深まるかどうかは、財産の多寡とは関係ないでしょう。
お互いに相手をどれだけ思いやれるか、ということだと思います。

 

病院に入り、施設に入れば、私たちは財産を何も持っていけません。
ベッドに寝たきりの両親を見ると、つくづくそんなことを思います。
ましてあの世に持っていけるのは「自分の魂(たましい)」ひとつ。
他はすべて遺していくのだから、その”財産”はしかるべき人が引き継いでくれるよう、お願いするのが筋です。

 

それが「相続対策」です。
”しかるべき人”のことを考えてください。
あなたのことを想ってくれる人は誰ですか?

 

相続対策の総合プロデューサー 石川秀樹ジャーナリスト行政書士)>

■■ 遺言相続Solution.net ■■

▼▼Facebookユーザーのコメントはコチラからどうぞ▼▼

Pocket

Ads by Google