★「延命」がテーマ、遺言書協会会報に注目。入り口で「ノー」と言うな ‼

Ads by Google




Pocket

このところ静岡県中部の方から『大事なこと、ノート』の郵送申し込みが急増している。
“終活”ではなく老後を無事に乗り切るために活用してほしい”超エンディングノート“である。
なぜ増えてきたのか?
理由は静岡県遺言書協会の会報「繋(つなぐ)」の第3号にあるらしい。

 

■「延命」について考える特集号

会報「繋」は、私と遺言書協会理事長の佐々木悠次さんが主に執筆している。
遺言の普及のために協会を立ち上げて数年になるのを機に、季刊でいいから会報を出そうということになった。
3回目のテーマにしたのが「延命」である。

「延命」についてをテーマにした静岡県遺言書協会の会報第3号

「延命」についてをテーマにした静岡県遺言書協会の会報第3号

 

「延命」について、私は《おかしな空気が流れている》と思っている。
講演やセミナーで集まった人たちに「あなたは延命(措置を)してもらいたいですか?」と聞くと、10人が10人(答えない人を除くと)「延命はしたくない」とお答えになる。

 

ジャーナリストの性(さが)というのだろうか、
『こいつはおかしな流れだな』と思い始めた。
「10人が10人」なんてことは眉に唾して用心してかからなければいけない!
洗脳されているわけでもないのに、
「鼻からチューブなんて嫌」
「胃ろうだなんてとんでもない」
「私は食べられなくなったら死ぬからそれでいい」

 

高齢・終末期の死をどれほどの人が見ているだろうか。
見ないまま、周りの誰かが聞いてきたことをうのみにしているのではないか?
脳梗塞になりました、食べられません、
それだけで人は死なない。
認知症になりました、自分のことさえ忘れ………、
そういう状態になっても人は旺盛に生きていく。

 

■10人が10人「延命拒否」だなんて

高齢期、ましてや終末期になれば『こうはなりたくない』というシーンは確かにあり、それを人から聞いたり、友人を見舞ったりする人は実際に”なりたくない姿”を見ることもあるだろう。
だから10人が10人、「延命拒否」などと言い始める。
医療現場の空気もこの2年でガラッと変わった。
「私は延命拒否です」
あるいは家族が医師から「どうしますか?」(高齢なのにこれ以上の積極的な治療をしますか?しても命が長引くだけで治りませんけどね、という意味)と問われて、「もうこの辺で……」と言おうものなら、あっという間に看取りのプランに切り替わっていく。

 

それが全部悪い、とは言わない。
積極治療より静かに看取る方がいい場合もあるだろう。
しかしそれは、長く病と向き合って、患者の状況や家族の気持ちを十二分に忖度(そんたく)できての結論ならば、ということでなければならない。
私は父の脳梗塞に”遭遇”して、発症から5日目で「鼻からチューブ(経鼻胃管栄養)をしますか?」と、医師から父の命の「生殺与奪の権」を委ねられた

 

父は当時、90歳目前。確かに長生きだ。
では長生きなら命の多寡を値切っていいのか
鼻からチューブは母のことで4年も前から経験済みなので、私は医師の意図を100%理解できる。
医師はこの時点で、父が以前のように「書」を書けるようになるとは微塵も思っていない。
現在嚥下ができず、このまま点滴だけなら数週間で死亡する。
胃にチューブを通せば栄養価が高い輸液を施せるから体力は回復する。
しかし、回復したところで、最大限リハビリを頑張っても車いすの生活以上にはならない。
いずれ寝たきりになるだろう。
ならば・・・・・・。

 

『死んでもいい』と、さすがにそこまで考えていないとは思うけれど、
チューブを使っての人工栄養投与はなし、の選択はある、と思っていたのだと思う。

 

今、「延命拒否」と思っている皆さんは、ここで命を落とす。
なんとも潔いことで、国の医療費も節約になるし、家族の療養看護費負担も減らせるだろう。
その後、父がどういう経過をたどって死を迎えたかは書かない。
(2016年1月3日発症、翌7月17日肺炎を併発して死去)
文字通りの「闘病」だったが、父は雄々しく生き抜き命を使い切って、逝った。
家族はそれを見守り、『こういう強さがあったのか』と見直す思いで、送った。

 

■口癖のように「延命拒否」なんて言うな!

言うまでもないが、私が医師に「どうしますか?」と問われたときに、
「歳が歳ですから、そこまでやらなくても」と答えていたら、
昨年の1月か2月には父の葬式を出していた。
逝く側、見守る側のどちらでも、「命の選択」は突然降りかかる
いい加減な気持ちでは答えないでもらいたい。
たとえあなたが「死ぬ側」に立っていたとしてもだ。

 

いや、”その時”なら誰もいい加減には答えないだろう。
肝心なのはふだんの言動だ。
終末期に自分がどうなるのか、リアルに知りもしないうちから
「私は延命拒否」などと気軽に言わないでもらいたいのだ。
いつまでも(自分だけは)元気で健やかな気でいるから、そんなもったいないことを平気で言える。

 

鼻からチューブになった、胃ろうを増設された、
だから人生もう終わり、だなんて・・・・、そんな簡単に人は死にません。
栄養のおかげで体力を取り戻し、自力摂食を回復する人はいくらでもいるし、
管をしたままリハビリに懸命な人も大勢いる。
私は、リハビリ病院で絶望的な顔をした患者を見たことがない。
生きたい、という気迫が体中からみなぎっている。
それは介護老人保健施設(老健施設)でも同じ。

 

■「無駄な延命」1秒もなかった

私の父の場合、老人病院に移ってから様相が変わった。
寝たきりの人が多く、父も来るときは車いすだったが、やがて寝たきりになった。
あるかないかくらいだった筆談も、完全に止まった。
体力が落ちたのだと思う。
昼間、うとうとしていることが多くなった(傾眠状態)。

 

しかし最後まで、母が陥ったような意識のない”植物状態”にはならなかった。
だから父の闘病の1年7か月は「無駄な延命」などでは1秒もなかった
無駄どころか、命を使い切った堂々たる生きざまだったと思う。

 

■日本一「延命」に心砕いたノート

父の最後の期間の生と死は、私に強い影響を与えている。
「無駄な延命」など、ないと思うようになった。
だから「延命拒否」も嫌いだ。
何をぜいたくを言うか!と言いたくなる。

 

もちろん自分の命だから”命の多寡(長短)””命の質”は自分で決めればいい。
誰に説かれるでもなく、自分で選べばいい。
ただ、お節介な私は「実際に見てから決めたらどうですか?」
「いま健康なあなたが、頭で決めることではないですよ!」と強く言いたい。

 

静岡県遺言書協会会報「繋」第3号の表紙では、『大事なこと、ノート』を強くアピールした。
延命」については日本一ていねいな解説と選択肢が提示されている。
認知症の対策についても詳しく触れた。
自賛になるが、こんな『ノート』は他にはない。

 

■「延命拒否」は時代に好都合

人間だって老いる。
老いることは恥ではないし、あきらめることでもない。
私も、あなたも老いる。両親はさらに老いている。
そういう中で現在という社会は、「自分の死は自分で決めてください」、と言い始めている。
自分で決めなければ、子(家族)に決めさせようとする。

 

それが高齢期ならば、
「もう十分じゃないですか。よく頑張ってこられましたね。お疲れさまでした。ありがとうだね。家族に感謝しなきぁだね」と言われる時代に来ている。
病気や老いの下り坂でさまざま遭遇する事態に、何の準備もせず、何も決めないで、のほほんと生きていかれる時代ではなくなりつつあるようだ。

 

だから「私は延命拒否」はそんな時代にとってまことに好都合。
ふだんからそんなことを言っていると、子はまともにその言葉を捉えて
「母は生前から『延命はしなくていい』といっていましたから」というだろう。
《もう十分だね、家族に感謝だね》という社会の暗黙のコールに乗せられて、命を仕舞うことになってしまう。

 

本当の本当の信念がそう言わせるなら、それも結構。
わかってもいないのに流されるように雷同するのだけはやめてほしい。

 

■「尊厳死宣言」と「事前指示書」

「尊厳死宣言」と「事前指示書」をていねいに解説

「尊厳死宣言」と「事前指示書」をていねいに解説

会報第3号、2-3ページでは「尊厳死宣言」と「事前指示書」の違いをていねいに説明した。
「尊厳死宣言」は不治の病の末期に蘇生措置を拒否して静かに死なせてもらうための宣言書。
「事前指示書」は医師や看護・介護スタッフと患者や家族がミーティングを積み重ねて、どういう治療と死に方を望むのかを伝えるための一種の覚書。

 

自分の生と死について真剣に考えるきっかけになるので、こういう書類を作るのも悪くはないと思う。
しかしくれぐれも見栄や想像力(間違った、あるいは事実誤認した想像力)で自分の命を値切るようなことは避けてほしい。

 

■私は「延命」の出口を決めた!

4ページ目に私の延命についての考え方を述べた。
延命するかしないか」を考える生死のステージは4つある。

  1. 病院に救急搬送されるとき
  2. がんなど治る見込みのない病の末期
  3. 脳梗塞や事故などで慢性的に重篤な状態にあるとき
  4. 老化により終末期を迎えているとき

 

意識を完全喪失し回復することがないなら"静かに撤退"

意識を完全喪失し回復することがないなら”静かに撤退”

 

私の答えは単純だ。

《私に意思や判断能力があるなら生かすためにあらゆる措置をお願いします。しかし意識を完全喪失し回復不能なら、命を維持する措置は極限まで落とし(胃ろうや鼻からチューブをやめて、皮下点滴に戻し)、ある程度の時間をかけて静かに死なせてください》

 

一言で言えば、私は「延命」の入り口で拒否はしない
ただ「延命の出口」だけはしっかり決めている。
意識が回復不能、準植物状態になったら点滴に戻してくれ、だ。

 

これなら医師が殺人罪に問われることはない。
チューブを体から外しても、すぐに亡くなってしまうほど人間はヤワではない。
皮下点滴でも、現在は数週間は生きられる。
“お別れ”するには十分な時間だ。

 

これを私は「お願い文書」として家族に渡してある。
もちろん私が署名し実印を押した。
家族も署名押印。
病の進行によって、そろそろ終末に近いと感じたときに家族から医師に手渡し、理解していただくという段取りだ。
はじめから重篤な病の場合には、入院の初期から主治医に渡し、スタッフにも周知してもらう。

 

■超ノート+「延命」会報、差し上げます

なんだか私の話、うっとうしいことばかり述べたようで気が引けるが、
要は「いただいた生命(いのち)だから私はていねいに使い切りたい」と思っていることをお伝えしたかった。

 

大事なこと、ノート』も『遺言書協会会報第3号』も私の想いを色濃く打ち出している。
個性がきわめて強い。
しかし、真剣にご自分の生死(しょうじ)を考える人には必ずや参考になると思う。
まだ部数が残っているので、関心のある方はお申込みください。
(無料、郵送料も不要です)

↑↑↑「何かひとこと」に「延命ブログを読んだ」とお書きください。

◎遺言・家族信託・後見制度・認知症対策・延命と尊厳死・終活・死後の心配についてメールで無料相談を行っています。

サイトのトップページへ

ジャーナリスト石川秀樹相続指南処行政書士)>

■■ 遺言相続・家族信託.net ■■

Pocket

Ads by Google






家族信託のパンフレット




家族信託の18ページパンフレットを作りました
希望者に郵送いたします

「家族信託」は認知症対策として注目されていますが、相続対策にも力を発揮します。なじみの薄い” 信託”という手法をやさしく解説しました。