★父の「鼻からチューブ」で考えたこと。延命の可否、軽々には決められない!

鼻からチューブと延命
Ads by Google
Pocket

 

父が脳梗塞で倒れ発症からわずか5日後、「鼻からチューブを入れて栄養補給するか(経鼻栄養)」担当医師から選択を迫られたことを、先日書いた。
このことはジャーナリストとして、行政書士として、人生終末期の「延命」について考えてきた私にとって、思いがけなく遭遇した心ゆすぶられる”事件”だった。

 

■病気のことを余りに知らない

痛感したのは、病に対する経験の浅さだ。
延命措置をするかどうかの選択を、患者家族がこんなに早いタイミングで求められるとは、思ってもみなかった。

 

延命治療の出番として、これまで私が認識しているのは

  1. がんや心臓病など重篤な病気の最末期
  2. 人が老いて要介護状態になりいよいよ食物がのどを通らなくなるとき

今回のは1.2.の状況とは異なっている。
いわば「嚥下(えんげ)障害」という物理的な状況がもたらした”第3の場面”だ。
父はたまたま脳梗塞により嚥下が難しくなった、ほかの病気でもこの症状が出ることはあるだろう。その意味では(私にとっては”発見”だったのだが)医療の現場ではよく起こり得るケースであったのかもしれない。

 

■鼻からチューブで生き続ける母

経鼻胃管栄養法や胃瘻(いろう)増設が、事故や急性期の病において体力回復の起死回生策として使われる分には、なんの異存もない。
それなのに私はこれまで、「経管栄養」について必要以上にナーバスになっていた。
母のことがあったからである。

 

母はもう3年近く、鼻からチューブを入れ意識がないままに生きている。
80代前半からパーキンソン病にかかり家族が介護していたが、症状は日増しに重くなっていった。
それで市内の老人病院でお世話になることになったのだが、入院当初から食べられるのはトロミを付けた食べ物だけ。
ほどなくして流動食に変わり、誤嚥(ごえん)も頻繁になってきたので、人工栄養に切り替えられた。
切り替えは急だった。
ある日病院に行くと「鼻からチューブ」に代わっており、医師から「嚥下が難しくなったのでチューブで直接、胃に栄養を送ることにしました」と言われた。

 

父の病室

父の病室。自分の唾液さえ飲み込めなくなって父は誤嚥性肺炎で苦しんだ

 

内心、『いきなりチューブなのか?』と思ったが、措置が終わっているのに「点滴ではいけませんか?」とは言えなかった。
その時点で母の認知能力はほとんど失われていた。
しかし体力は健在なようで以後、母は変調をきたすことなく生き続けている。
『母は死に時を失ってしまった・・・・』
人情のない言い方だが、わだかまった感情をほかに表現しようがない。

 

老化や障害によって人が食物を飲み込めなくなったとき、
▼そのまま自然に任せるか、
▼点滴によって栄養補給するか、
経鼻栄養法によって積極的に「延命」を図るか、3つの選択肢がある。
この病院に母を入院させるとき私は、「末期は自然に」とお願いしていた。
それが私の、その時の考え方だった。
そのことから言えば、母がいつの間にか鼻からチューブになったのは”思いがけない結果”だった。

 

■患者家族に選択肢はない

今回父が病に倒れるまで、私にはずっとそのわだかまりがあった。
<母はかわいそうだ>と思っていた。
私や家族が見舞っても、何もわからない。
目はつぶったまま。
声にも反応しない。
手足は固まり、体全体が硬直して身動きも取れない。
時どき発するいびきが生きている唯一の証拠に思えた。
見るに忍びないのだ。

 

<なぜあのとき「点滴に代えてください」と言えなかったのだろう>
何度となくそんなことを考える。
だが、病床にいる父を見ているうち『そんなこと、言えるわけがないじゃないか』と気づいた。
結果的にだが、母の食事について私は医師から選択を迫られなかった。
それは恨むことではなく、むしろ私は救われたのかもしれない。

 

母の衰弱が相当に進んだときに「経鼻栄養にしますか?」と迫られれば私は、
「このまま自然に逝かせてください」と言ったと思う。
しかし母はその当時、ごくわずかだが口から食を摂り、呼びかけにもたまにうなずいてくれた。
飲み込めない以外は、完全に生きている者の側にいる。
それを意識的に遮断しようなど、誰にもできはしない。

 

■チューブによる延命に冷めた空気も

鼻からチューブ経鼻栄養)や胃瘻造設が老人の延命のために使われている、という批判が一部にある。
これまでの私の認識もそのようなものだった。
そして今多くの人が、経鼻栄養は決してQOL(生活の質、充実した生)につながるものではなく、不必要な延命措置である──と考えるようになった。

 

その結果として、「尊厳死宣言書」や治療の「事前指示書」によって不必要な延命を避ける(拒否する)という動きも出てきている。
私もこれまでそのように考えてきたし、今も基本的には「自分の身に起きることなら、不必要な延命はしないでもらいたい」と考えている。
しかし母を見、父の新たな闘病に接するにつけ、<これは安易には決められない>と思ったし、
<一度決めたことでも人間だから、何度でもグラつくことはあるだろう>
と思うようになってきた。

 

終活、エンディングノートなどで、介護や医療の項目で「延命の可否」について”選択肢”が用意されているものも見かける。
その中には「尊厳死」の考え方を採りいれているノートもある。
しかし、その発想は「ノー」だ。
今の私は、うなずけない!

 

■では「尊厳死」なのか・・・・??

自分の命や親しい家族の命について、(昨今の「エンディングノート」のようにお手軽に)「✔」1つで結論とみなすなどということは考えられない。
では自分で「尊厳死宣言書」を書いて延命拒否の姿勢を鮮明にするのか。
それだって、今の私は首をかしげる。
病気のことや、病気が引き起こす体の変化や心模様、自分の意思や意識といったものをどこまで信じられるか、あるいははかなくもろく危うげであるかについて、私たちはあまりに情報をもっていない。

 

そんな状態で、命に直接かかわる問いに答えを出すのは無謀だ!
昔は考えが浅かった。
延命だとか、死ぬ時期だとか、大切なことを理屈で考えていた。
母の緩慢な終末期を見ながら徐々に考えを深めていったが、それでも思慮は浅い。
今回、父のことで分かったのは、「家族には事実上、選択権などない」ということだ。
本人も、家族も覚悟が決まっていない時点では、医師から提示されればそれ以外の選択は難しい。

 

以上の状況は、高齢者や高齢者の家族が今も、これからも、出合い続ける普遍的な問題ではないか。
だから、短兵急には決められない。
しかし、近い将来起こり得ることとして真剣に考え、「自分の答え」を持つ努力は続けたい。

 

高齢期の「延命」は恥ずべきことではないと思う。
大部分の場合、(言葉は悪いが)なし崩し的にそういう状態になってしまう。
それがもし嫌なら、どうしてもその事態を避けたいというゆるぎない意思があるなら、(自分の心を落ち着かせる意味で)延命措置の可否について「事前指示」を書き置くことも悪くはないだろう。
私もそうするつもりだ。

 

でも、それで完結したとは思わないでほしい。
臆病な私は、その後も気が変わるかもしれないし、迷うたびにペンを執り、消しては書き、書いては消して迷い続けるだろう。
まことに潔くないが、自分の最期についてはそれほどのたうち回りながら真剣に、慎重に覚悟を決めていきたい。

 

【「延命」のことを考えた関連記事】

※脳梗塞発症から1年、私の考えはこのように変わってきました。(2017/1/3)

★「鼻チューブ」から満1年、父は「花ひらく」と書初めした!

2017.01.03

★「延命」……入り口では拒まず"出口"を決める! 私の医療側へのお願い書

2017.06.26

★延命拒否より”命を使い切る”選択! 原点から180度変化した私

2017.06.08

★「延命のための延命は拒否」だって⁉ 命の問題に“空想”は無用だ!

2016.06.05

★「延命のための延命は拒否」でいいですか?! 最期の医療めぐるおかしな”空気”

2016.05.05

★父の病室にて 『人間なんて』と思わないようにした・・・・

2016.01.22

★延命したいなら「鼻からチューブ」。父が脳梗塞、家族は突然に最終決断を迫られる!

2016.01.16


★”超エンディングノート”を創りました!

人生の「大事」を目の当たりにして、いろいろなことを考えました。
自分の来し方はどうだったのか。これからの行く末は?
漠然と考えていてもらちが明かないので”自分周辺”にあることをすべてメモにするためのノートをつくりました。
エンディングノートに似ています。
でもこれは「自分の死後」のために使うのではありません。
これから老後を生き抜くために使う”超エンディングノート”です。
よろしければ、あなたに差し上げます。
考えるきっかけに使っていただければ・・・・・。

 
申込メールフォーム<A4、60㌻、無料>

サイトのトップページへ

ジャーナリスト石川秀樹相続対策の総合プロデューサー行政書士

■■ 遺言相続Solution.net ■■

Pocket

Ads by Google