★延命したいなら「鼻からチューブ」。父が脳梗塞、家族は突然に最終決断を迫られる!

鼻からチューブ最新b

父はいきなり崖っぷちに立たされてしまった──。
脳梗塞で倒れ今、「経鼻栄養」にするかどうかを迫られている。
いや、直接的に”最終決断”しなければならないのは「患者家族」である私だ。
発症からわずか5日。
鼻からチューブを胃に通し栄養補給をするという事態は、あってもずっと先のことだと考えていた。

この記事は、コチラに移しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

石川 秀樹

遺言、相続対策と家族信託の専門家です。特に最近は家族や事業を守るための民事信託への関心を強めています。遺言書や成年後見といった「民法」の法律体系の下では解決できない事案を、信託を使えば答えを導き出すことができるからです。
40年間、ジャーナリストでした。去る人、承継する人の想いがよりよくかみ合うようにお手伝いしていきます。

関連記事

  1. まさかの長生きを悪夢にしないB

    ★「寝たきり100歳社会」の悪夢、だって!?──生き抜いて死に切らなければ人生の価値なぞ分からない!…

  2. リハビリ室b

    ★父の病室にて 『人間なんて』と思わないようにした・・・・

  3. お医者さまでなく患者を見てよ!

    ★病院よ、医者を見ずに患者をみてよ! 「診断書」遅延でわかった医療機関の体質

  4. 延命のための延命拒否でいいの?

    ★「延命のための延命は拒否」でいいですか?! 最期の医療めぐるおかしな”空気”

  5. 延命やめる「出口」

    ★延命治療、始めたら本当にやめられない?! もっと”出口”の話をしませんか?

  6. 鼻からチューブと延命

    ★父の「鼻からチューブ」で考えたこと。延命の可否、軽々には決められない!

  7. ★「延命」の入り口で「拒否」だなんて、言うな !?

  8. 鼻からチューブのその後

    ★「鼻からチューブ」から父は生還。”今の自分”を生き切る姿に共感!

★認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 家族信託の入門書

4月下旬発売予定300

全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会または
Amazonでも買えます。
本の内容詳細はコチラから。

(カバー&帯)成年後見より家族信託
静岡県家族信託協会でご購入の場合、送料無料
後半人生のための『大事なこと、ノート』をプレゼントします。

★電話でのお問い合わせ

遺言・家族信託・成年後見 054-207-9592

★<新版>家族信託のパンフレット、16ページに倍増!

家族信託の豊富な事例を追加。
銀行に凍結されたら手遅れです。
成年後見に追い込まれる前に決断を。
お申し込みはコチラから。

 

家族信託パンフレット

Ads by Google



★筆者のプロフィール

俺丸200

石川秀樹

1950年生。ジャーナリストです。相続対策家(行政書士)。小さな出版社の社長でもあります。何を書いてもユニーク。考え方がまともなだけなんですが。このブログは遺言相続、家族信託、それと老後のあれこれについてが中心。

プロフィル

オール相続の略歴

[btn]超終活ノートさしあげます[/btn]

★静岡県家族信託協会(石川秀樹行政書士事務所)

054-207-9592
祭日以外は営業しています。
PAGE TOP