★成年後見、医師がトンデモ発言! そのミスリードはアウトだ ‼

成年後見、医師がトンデモ発言 成年後見
Ads by Google



こんにちは、静岡県家族信託協会石川秀樹です。
きょうは少し怒っています。
成年後見について、認知症の診断に携わる脳神経課の医師でさえ
「何たる無知か!」と叫びたくなるような相談を受けたからです。
言葉がべらんめえになるかもしれないけれど、ご容赦ください。

 

熊本県の女性から突然の電話。
「母に成年後見人をつけないとダメですか⁈」
以前、遺言の相談にお答えした旧知の人からである。
泣き出しそうな、切迫した声だったが、事情を聴かなければ答えようがない。。

 

この人のお母さんは突然の交通事故で、ほとんど今は意思疎通ができない。
でも自宅で女性が介護している。
病院や施設への送り迎えのため”介護用車両”購入しようとした。
お母さんの定期預金が長年使われずに残っているので銀行に行き、解約して引き出そうとした。
窓口嬢はにべもなく「成年後見人を付けてくれないと無理です」と答えた。
まあ当然、銀行はそう言うだろう。

 

だが彼女の説明をもう少し聞くと、明るいきざしが差してきた。
「銀行ははじめそう言ってたんですが、いろいろ説明すると、車の会社の請求書とお医者さまの診断書を持っていけば解約に応じるという約束をしてくれたんです」
素晴らしい銀行だ。
成年後見制度に丸投げせず、お客さまの事情をしっかり聴いて、なんとかしてあげようとするなんて!

 

で、彼女は病院に行った。
脳梗塞なので脳神経外科だ。
すると医師は「この場合、成年後見人を付ければすぐやってくれるんだけどなぁ」とぼやきつつ、柔らかく、しかし執拗に彼女の説得を始めた。
挙句の果てにこんなことを言った。
成年後見人を付けないと、お母さんの財産は最後に国に持っていかれちゃうんですよ!
彼女は驚いてしまった。

 

実は以前相談を受けたのは、「遺言を書く直前に叔母が事故で意識をなくしてしまった」というものだった。
お母さんというのは、長年親子同然に暮らしてきた叔母さんのこと。
叔母に実子はなく、兄弟姉妹が5人。
今生きているのは彼女の父である弟だけだった。
遺言がないまま叔母の相続が発生すると、相続人が10人以上の大遺産分割協議となる。
相談者の彼女は父親がいるため、叔母さんの相続人ではない。
だからこそ叔母の遺言が必要だった。

 

だから私は叔母の安定を待って、彼女と叔母が養子縁組することをすすめた。
なんとか「母と子」になって2年目が、今だ。
今度は叔母の意識障害で苦しめられている。

 

電話だけでは脳神経外科医がなぜ狂ったようなことを言うのか、さっぱり分からない。
彼女は叔母(お母さん)の唯一の法定相続人である。
母に成年後見人を付けようが付けまいが、母が亡くなれば当然に全財産は彼女が相続することとなる。
人が意識障害なら、あるいはひどい認知症なら、成年後見人を付けないとその人の財産は、家族にではなく国庫に収納されるのか⁈
ばかも休み休み言ってもらいたい‼

 

医師の勘違いであろう。
にしてもひどすぎる!
専門家は自分の言葉に責任を持て‼
成年後見のことは、医師にとっては畑違いのことであろう。
しかしその医師は、脳神経外科の専門医である。
認知症患者の診断もしばしば行う。
人が認知症になり、症状が悪化すればどうなるか。
今まで成年後見人に会ったこともあるだろう。
いや、前言撤回(後見人は、被後見人を病院に連れてきてくれるような親切な存在ではなかった)。
認知症と成年後見制度は深いかかわりを持つ。
どんなに世間に暗い医師でも、脳神経を扱っている以上、そんなことは当然知っていなければならない。

 

何の権利があってこの医師は、ありもしない(あり得ない)話を持ち出して、無理にも彼女に「成年後見」を説得しようとするのか⁈
さっさと診断書を書いてくれればいいだけである。
架空の話で脅して、成年後見申立てに追い込まなければならない必然性は、1ミリもない!!!
医師がもし診断書を書かなければ、銀行のせっかくの善意が水泡に帰す。

 

私は100%成年後見制度を否定しているわけではない。
お母さんは90歳である。
今回は銀行の臨機応変な対応で、成年後見人を付けなくても大きなお金を動かすことができた。
次もまたそうなるとは限らない。
意思能力を示せない人が大きなお金を動かそうとしたら、銀行は十中八九はそれを止める。
「凍結」だ。
いったん凍結した金を動かせるのは公的後見人だけ。
そういう時代になった。

 

だから今度彼女がお金に困り、銀行も気の利いた対応をしてくれない場合には、成年後見人を頼むしかないかもしれない。
後見費用――年額5、60万円は痛いが、お母さんの余命を考えれば出費がいつまでも続くわけではない。
その意味では「やむなく頼む」という選択もいずれ出て来るかもしれない。
しかし、今、その必要はない!!
医師は御託を並べていないで診断書を書けばいい。
そしてお願いだから、成年後見制度のことをもう少し勉強してほしい。

 

あなたはいやしくも「専門家」だ。
「医療」という限定された知識の中だけだとしても、専門家として食っている。
一般の人に尊敬されるのが医者だ。
へたな冗談でも患者や家族は恐れ入る。
《私たちよりは知っている》と思うのだ。
そういう人種に、うっかりや勘違いは許されない。
たとえ医療以外のことでも、ミスリードは、してはいけないのだ。
しっかり勉強して、訪ねてきたお客様にウソをつかないように!

 

心の底からお願いしたい。

◎遺言・家族信託・後見制度・認知症対策・延命と尊厳死・終活・死後の心配についてメールで無料相談を行っています。

サイトのトップページへ

静岡県家族信託協会

ジャーナリスト石川秀樹相続指南処行政書士

■■ 遺言相続・家族信託.net ■■

★第2回「家族信託」無料相談会

主催:静岡県家族信託協会
認知症・成年後見・家族信託のご相談を承ります。
3人様限定、事前にご予約下さい。
詳しい記事はコチラ

Ads by Google