注目の記事 PICK UP!

★任意後見開始を申立てたら成年後見に誘導された

「後見人」を自分で決められるからと、母と子が任意後見契約を結んでいたのに。
母の認知症が進み始めたので、家庭裁判所に任意後見監督人の選任を申し立てたら、
「親族間に対立があるようなので、法定後見(補助・保佐・成年後見)にした方がいいですね」と強引に家庭裁判所の事務官に誘導されたという話。

これは問題だなぁ。
法律を扱う者は、何も問題が起きないことにばかりとらわれる。
家族の不正流用がある、と言えば一斉に家族後見人を排除し始めたり。
同じ根っこを感じる。
「親族間に対立があるなら、任意後見など認めないで法定後見に移行させよう」
こんな思いが裁判所側にあるとしたら、大きな問題だ。

どうやって“理不尽な誘導”を押し返したか、
相談の詳しい内容と回答は新サイトで。

 

静岡県家族信託協会 石川秀樹

 

高齢期の諸問題について質問と相談を承ります。

[btn class=”lightning”]質問と相談はコチラ[/btn] 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

石川 秀樹

遺言、相続対策と家族信託の専門家です。特に最近は家族や事業を守るための民事信託への関心を強めています。遺言書や成年後見といった「民法」の法律体系の下では解決できない事案を、信託を使えば答えを導き出すことができるからです。
40年間、ジャーナリストでした。去る人、承継する人の想いがよりよくかみ合うようにお手伝いしていきます。

関連記事

  1. ★家族が成年後見人になれない15の理由

  2. ★認知症の母の定期預金を、普通預金に換えられますか?

  3. ★母に認知症の兆し、脳機能障がいを負った兄の将来は?

  4. 成年後見、医師がトンデモ発言

    ★成年後見、医師がトンデモ発言! そのミスリードはアウトだ ‼

  5. 母が認知症3つの選択肢

    ★認知症対策に3つの選択肢。「間に合ううちに家族信託」がベストだ!

  6. ★子のない夫婦。夫の妹夫婦に”遺産”を狙われて

  7. ★100歳・認知症時代だ、「動かせるお金」にしておけ‼

  8. ★不動産の信託と認知症、「保佐相当」の診断出れば即アウト!

★認知症の家族を守れるのはどっちだ⁉ 家族信託の入門書

4月下旬発売予定300

全国の主要書店で発売中。
静岡県家族信託協会または
Amazonでも買えます。
本の内容詳細はコチラから。

(カバー&帯)成年後見より家族信託
静岡県家族信託協会でご購入の場合、送料無料
後半人生のための『大事なこと、ノート』をプレゼントします。

★電話でのお問い合わせ

遺言・家族信託・成年後見 054-207-9592

★家族信託パンフレットをどうぞ

家族信託を知ってください。
カラーパンフレットをお届けします。
お申し込みはメールはメールで。

 

家族信託パンフレット

Ads by Google



★筆者のプロフィール

俺丸200

石川秀樹

1950年生。ジャーナリストです。相続対策家(行政書士)。小さな出版社の社長でもあります。何を書いてもユニーク。考え方がまともなだけなんですが。このブログは遺言相続、家族信託、それと老後のあれこれについてが中心。

プロフィル

オール相続の略歴

[btn]超終活ノートさしあげます[/btn]

★静岡県家族信託協会(石川秀樹行政書士事務所)

054-207-9592
祭日以外は営業しています。
PAGE TOP