★家族信託の契約は「認知症と診断されたら即アウト」ではありません!

成年後見
Ads by Google



こんにちは、家族信託協会石川秀樹です。

家族信託の契約は『認知症』と診断されたらもうダメですか?」
メールで、電話で最近、よく聞かれます。
ダメなわけがない、と思いつつ、「急いでください!」と強くいっています。

 

■でも、お急ぎください‼

下のイラストを見てください。
青のグラデーションが「認知症」の常況を示しています。
症状が重くなればなるほど「黒」に近づくように表現しました。
見て分かる通り、「認知症」は実に幅広い。
「a」地点でも認知症だし、「d」地点でも認知症。

 

どの段階まで家族信託はできるか

 

「a」地点は、家族から見て「あれっ、ちょっとおかしいな⁈」という程度の段階。
一方「d」地点は、文字が読みにくくなるほど症状は進んでしまっています。
患者さんはもう、”あらぬ世界”に行っていて、家族のことも、自分が誰かさえ分からない状態。
あるいは”準植物状態”というのでしょうか、人間らしい反応はほぼできない常況です。
でも「a」から「d」まで同じように、「認知症」と呼ばれていますよね、実際は。

 

「d」にいる人を、「(こうなったら)成年後見ですね」というのは正しいと思います。
認知症がここまで進んでしまえば、財産管理を自分では行えませんから。
家族は、本人の財産を療養費に充てるのをあきらめるか、成年後見を申し立てるか、を決めなければなりません。
法定後見制度を使うかどうかは家族の自由です。
自由ですが、法定後見に頼らなければ(財産凍結状態が続きますから)介護等の費用は家族の誰かが負担せざるを得なくなります。

 

■よい家族に「成年後見」なんかいらない

認知症がここまで進んでいない場合、「a・b」や「c」地点にいる人にまで公的後見制度の網をかぶせる必要があるかどうかは、微妙です。
はっきり言えば、「よい家族に<成年後見>なんかいらない」と私は思います。
ところが、この制度を作った側は、そうは思わないようです。
「a→d」までの患者すべてを公的後見制度の下に置きたい、と考えている⁈
いささか誇大妄想なんじゃないでしょうか。
本人も、家族も、そんなことを望んでなんかいません‼

 

制度を作った国会議員も法曹界も、制度の周辺にいる士業の先生方も、以下のような現実を直視してもらいたい。
a→b→cの常況にいる多くの人は自分を「認知症」と認めていません。
赤の他人に財産を任せたいなどとも考えていません(そんなこと、想像もしない!)。

この点、法定後見制度を作った人たちとは大違い。
使う必要があり、かつ②使いやすく、③合理性があれば使うでしょう、
どれか1つでも欠けていれば使わない、
まして全部が欠けていれば、使うわけがない!
--と私は考えますが、間違っているでしょうか。

 

まあ、私の感想はともかくとして、いま多くの人が、非常に多くの家族たちが、
「成年後見は使いづらい。使いたくない」と思っているのは事実です。
専門家の先生方に厳重な財産管理をしてほしいのではなく、ただただ、家族が本人のお金を管理できるようにしてほしい、
もっと言えば、銀行に「へ理屈いっていないで、お客様に必要なお金は出してあげなさいよ」と、誰かに言ってもらいたいだけなんです。

 

■認知症は脳の誤作動。「痴呆状態」とは違う

重たい話はこれくらいにして、認知症の現れ方をもう少し解説しましょう。
私はこれまで認知症を「aからdまでの段階」でとらえ、「多様な現れ方がある」と説明してきました。
病の初期から現れる症状もあるし、認知症が深刻化した結果として現れる状態もあります。
書いて説明すると長くなるので認知症の症状を「図」で示します。

昔は認知症のことを「痴呆症」と呼んでいました。
まったくの誤解です。
認知症の「中核症状」のうち「失語・失認識・失行」というのは分かりにくいですね、
いわば周りの”空気を読めない”状態のことです。
「周辺症状」も「異食」などと書かれるとなんのことだか分かりませんが、「自分のウンチを食べたりする」こと。
表の言葉をわかりやすい表現に変えましょう(右から時計回り)────

  • 《失禁・弄便》排泄の失敗を繰り返す
  • 《介護拒否》介護されるのが煩わしく何日も同じ服を着る
  • 《帰宅願望》施設に入れられると「私を帰して」と一日中繰り返す
  • 《妄想》現実には起こりえない光景を目にする
  • 《せん妄》意識が混濁したり殺されたりする夢を見る
  • 《睡眠障害》夜中に眠れず昼夜が逆転
  • 《異食》便などを食べてしまう
  • 《暴力・暴言》人を殴ったり大声で怒鳴る
  • 《幻覚・錯覚》虫が体中をはう夢を見たり、お金や通帳が盗まれたと訴える
  • 《徘徊》目を離すといなくなる
  • 《不安・抑うつ》風呂に入らなくなる、家に引きこもる

このほか

  • 何度も同じ話をする
  • 服薬せず受診を拒否する
  • 怒りやすい
  • 睡眠障がい(昼夜逆転)
  • 極度に疑り深くなる
  • 作り話をする――などの症状が知られています。

 

慣れない人が親のこんな状態を見るとショックを受けてしまいます。
「狂ったか⁈」と思ってしまうんです。(私もそうでした)
深く傷つき、そしてあわてます。怒りも湧いてくるかもしれません。
特に「疑り深くなる症状」は家族にとって最悪。
「この家には頭の黒いネズミがいて私の財布を持って行ってしまう」
などと言われたら、お嫁さんは震えるほど怒りたくなるでしょう。

 

しかしこんな言動も、本人の性質がねじ曲がってしまったからではなく、脳のどこかの機能が狂って(機械で言えば”誤作動”を起こして)言っているのです。
認知症は”脳の誤作動”!
決して痴呆になっているわけではありません
知的レベルの逓減はあっても、知能がないわけではなく、誇りもあります。
また認知症を取りつくろい正常なふりをする等、巧妙な脳の働きを見せることさえあります。

 

■家族信託契約、「a」「b」までならOK

「認知症だ」と診断されても、どこまで「契約OK」と考えますか?
答えを言えば、一番上のイラスト「a」「b」までなら大丈夫でしょう。

 

「cの後期」まで来るとかなり難しい。
当てずっぽうに「a」だの「b」だのと言っているのではありません。
私は先般、A4サイズ18ページの「家族信託解説のためのパンフレット」を作りました。
そのうちの2ページを使って以下のような「委託者さまの常況ヒヤリングシート >」を作っています。

※これは家庭裁判所に後見審判の申し立てをする際に医師に求める「診断書」を独自にアレンジしたものです。
委託者の常況確認シート1

[判断能力判定についての意見]
これは身近にいる家族に書いてもらいます。
「a」「b」は補助相当。
「b」「c」は保佐相当。
「d」になるとこれはもう後見相当、信託契約も無理です。
「c」相当をどう判断するかが一番悩ましいですね。

 

■目で物を追えなくなったらヤバイ!

そこで裏面。委託者の常況確認シート2

「発語」できなくても意思能力には関係ありません。
鼻からチューブや胃瘻(いろう)をしていようが事理弁識能力とは別物です。
排泄の失敗があろうがなかろうが問題なし。
しかし、「意思疎通」ができなければ契約書の理解は難しいでしょう。
「見当識」が危ういのも危険な兆候。
「目でものを追っても認識できない」なら、これは相当に難しいかもしれない。

 

紙の表裏2枚でも相当な情報が得られます。
要するに体の機能はどんなに衰えても大丈夫。
自分がしたいこと、自分のために家族がやろうとしていることがしっかり理解できているなら、契約は問題なくできます。

 

■認知症にあらず、を父は自ら立証

こんなことがありました。
父のことです。
父は2年前の正月3日、脳梗塞で倒れました。
その半年ほど前から食べこぼしや、トイレに間に合わなくなることが多くなりました。
『さては認知症になったか?』と脳神経外科に連れていき、問診を経て父は認知症と診断されました。

 

脳梗塞で父が倒れて5日目、医師が鼻からチューブの経鼻栄養を施すか、私に尋ねました。
父は間もなく満90歳、『延命だよな……』と迷った私は父のベッドを見ました。
すると父の強く鋭い視線にぶつかりました。
『父は生きることを強く望んでいる!』 
すぐにわかりました。

 

退院してリハビリテーション病院でリハビリに励んでいた時、マイナンバーカードの申請書が届きました。
「お父さん、どうする?」と筆談で尋ねると、「ほ・し・い」。
市役所で父に代わって手続きしていると「本人の意思を確認をしたい」と担当課長が言います。
「車いすでも来られないんですよ」と言っても「確認したい」の一点張り。
やむなく「あなたが父の病室に来て確認しなさい」と私は言いました。
結局、課長は病室にやってきました。
「今日は何日?」「生年月日は?」、その後「マイナンバーカードを作りたいですか?」と聞くと、はっきりと父は「はい」とばかりにうなずいたのです。

 

1か月後、老人健康保険施設に転院した父はここでも健康診断を受けました。
病院付きの高齢の医師はカルテを見ながら、「お父さんは認知症ですかぁ?」と私に尋ねます。
同じことを感じていた私は「なんか、違うみたいですね」。
医師:「お父さんは認知症じゃないですよ。理解できてるものね

 

つまり、「診断書」の字面ではなく、その時の状態。
それこそが契約できるかどうかの条件なんです。

 

振り返ってみれば、父が「認知症」と診断書に書かれた理由は、私の言葉でした。
父と私とを問診したのは脳神経外科の開業医です。
そこで私は自分の見立てを語り、医師はそれを逐一パソコンに打ち込んでいました。
私自身が医師に”刷り込み”をしてしまったようです。
医師はその後、脳の画像診断(MRI)を行い「認知症」と診断しました。
脳の血流調査は行わなかったから、印象として「認知症」としたのでしょう。

 

■公正証書の成立がカギ

だから私は、「カルテに認知症」と書いてあるだけでは「家族信託の契約は無理です」、とは言いません。
あくまで本人に、これから作る契約書の目的と内容を理解していただけるかが重要です。

 

この点に関しては、平成19年7月19日に行われた「東京法曹界・第1回実務研修会」において類似の事例が語られています。
「任意後見契約」がテーマになりました。
任意後見契約は必ず公正証書で作らなければなりませんが、この契約についても被任意後見人の意思能力がビミョーで契約成立が危ぶまれる場合があって、「契約の有効性」が議論になりました。
こういう場合、「公証人による審査」がカギを握ります。
公証人は、①本人の判断能力と、②任意後見契約締結の意思、を確認するために本人と面接します。
(家族信託契約の場合は委託者と受託者に面談し、2人に向かって契約書の読み聞かせを行います。)

 

この日の研修会の結論は、「軽度の認知症・知的障がい・精神障がい等の状態である場合でも、契約締結時において意思能力を有する限り、任意後見契約を締結することが可能」、でした。
私の実務上の経験からもこの結論はうなずけます。
私がお会いして家族信託の契約書作成をお引き受けした案件で、公証人からストップをかけられたことは、これまで1度もありません。

■定期預金を解約できれば大丈夫‼

「だからご安心ください」、と言いたいところですが、実は私は次のような対応をしています。
委託者候補の方に、「定期預金の解約をしてきてください」と相談に来られた方を介してお願いしています。
これは私にとって非常に重要な”試金石”です。

 

最近の銀行窓口は行内規定で指示しているせいか、「認知症」に対して神経質です。
高齢で高額な定期預金(たいていは高額です)を解約しようとしている人に対しては、「本人の意思確認」を厳重に行っています。
ですから高齢者の定期預金解約については、基本的に「家族の代理手続き」を認めていない銀行が多いです。
ここではっきり「〇〇〇〇のためにまとまったお金が必要」と銀行側とやり取りできないと、「家族信託をする理由を理解するのは難しい」と私は考えています。

 

なぜ「定期解約」にこだわるかと言うと、信託財産として「何々銀行△△支店の普通預金通帳」と書いても、通帳には譲渡禁止特約が付いていますから、直接的に通帳を「委託者→受託者」名義に換えてくれる銀行はないからです。委託者は、1度は通帳の数字をお金に換えて、現金で信託財産に加えるしかないのです。
この重要な「家族信託適応基準」については、以下の記事で詳しく書きましたのでぜひ参考にしてください。
<2018/10/8 最終更新>

★認知症と家族信託、実は銀行がカギを握っている!

2018.09.25

 

◎遺言・家族信託・後見制度・認知症対策・延命と尊厳死・終活・死後の心配についてメールで無料相談を行っています。

サイトのトップページへ

静岡県家族信託協会

ジャーナリスト  石川秀樹相続指南処行政書士

■■ 遺言相続・家族信託.net ■■

★第2回「家族信託」無料相談会

主催:静岡県家族信託協会
認知症・成年後見・家族信託のご相談を承ります。
3人様限定、事前にご予約下さい。
詳しい記事はコチラ

Ads by Google